マンションや一戸建て住宅

男女

広島県で不動産購入を考えている場合、まずその種類を理解しておきたいところです。居住用に購入する場合には、まずマンションと戸建て住宅に分かれます。購入する場合はアパートを購入するケースはまず考えにくいからです。投資物件なら別ですが、そうでなければマンションと一戸建て住宅の2択になるでしょう。マンションは、ワンルームのものよりも家族サイズのものが多くあります。家族妻へのものに関しては、70平米位が平均的な広さと言えるでしょう。ただ、場所によってはもう少し広いところがあり、80平米を超えるところもあります。広島市内の中心部あたりならば、30,000,000円から50,000,000円位で手に入れることができるかもしれません。ただ、どこに住むかによって若干異なります。例えば最上階に住む場合は、下の階に比べると10,000,000円ぐらい高くなるケースもあります。20階建て以上のマンションの場合は、ずいぶんと金額差が出ることが想定できます。これに対して、一戸建て住宅は主に分譲住宅と注文住宅に分かれてくるところです。注文住宅の場合は、建築をしなければならないため、設計から行うことができます。自分の好みの設計にすることができるため、広島でも人気がある不動産の1つです。分譲住宅に対して注文住宅は、比較的安く手に入れることができるでしょう。

保証サービスなどがある

部屋

広島で不動産を購入するならば、そのサービス内容に関しても知っておいた方が良いかもしれません。サービス内容は、保証サービスなどが主にあります。例えば、住宅を手に入れる場合でも、住み始めたばかりの頃は良いですが、時間の経過とともにその住宅は劣化していきます。住宅が劣化するといっても、そこに住み続けなければいけないわけです。そうすると、劣化した状態の中ですまなければいけなくなるでしょう。しかし、業者の方で修理をしてくれるならば、長く住み続けることができるかもしれません。この時、最初の10年間は無料で修理をしてくれるなどのありがたいサービスもあります。10年目を超えても、永久保証と呼ばれるサービスが存在することも知っておきましょう。永久保証の場合は、そこに住宅が建築されている限り保証するものですが、建物が故障したときの保証などは通常してくれません。長く使い続けることで、少しずつ住宅が痛んでくるからです。ですが、住宅に問題があった場合などは保証してくれるでしょう。この場合は、不動産会社を通してもあるいは通さなくても建築した会社に直接伝えることが必要です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中